SHARP Mebius MURAMASA PC-MT2-H1 を復活させる

Pocket

すでに3度の故障から復活を遂げたSHARP Mebius MURAMASA PC-MT1-H1R改(というか、ベースはすでにH5Fになっている(笑))。最近、どうやらバックライトの寿命が近づいているような感じである。補修部品の在庫がないため、部品の交換用にハードウェアを探していたところ、SHARP Mebius MURAMASA PC-MT2-H1 がHDDなしで7,250円(当然、ジャンク扱い)。液晶の割れもない模様だったので即買いしました。
中古というかジャンクの割には状態が良く、PCカードのカバーやCFスロットのカバー、そしてLAN・MODEM部分のカバーも揃っている。キーの反応が若干悪い気がするが、これも掃除とかで何とかなりそう。HDDマウンタについては、H1Rのものを流用できるので、今回は一時的に両面テープで固定することにした。MURAMASAの分解は、すでにH1Rを10回程度分解しているので、何の問題もない。HDDを搭載して元に戻すまで約20分。電源を入れるとHDDを認識。ここまで問題なし。
これからはWindows2000のインストール。Windows2000を新規インストールする際には、H1R付属のCD-RWドライブから起動するとエラーが出る。そのため、SHARPのPC-MT1-H1Rサポートページにある「Windows2000セットアップディスクを作成する」に従って起動ディスクを作成し、FDDから起動する。インストール完了後、ディスプレイドライバやMODEMドライバを別途インストールする必要がある。AUDIOドライバが正常にインストールできないというか、ドライバがない。仕方ないが、確認用テストなので今回はそのまま放置。
動作確認をしたが、ここまでは特に問題がない。補修部品として購入したのだが、このまま使ってしまおうかと検討中。今週いっぱい動作検証して、問題なければH1R改から移行しよう。