ソニーBMGが社内でソフトの違法コピー

Pocket

ソニーBMG社が不正コピーしたソフトウェアを社内で利用していたとして、このソフトウェアの
開発元企業から30万ユーロ(約4700万円)の支払いを求める損害賠償請求訴訟を起こされ
ていたことが30日までに同社の発表により明らかとなった。
———————————————————————–
TechnoBahn(http://www.technobahn.com/news/2008/200803311925.html)より引用
この記事を読んでいて「え~、そんなバカなことするの?」と思ってしまったが、実際にあった
話の模様。海賊版ライセンスを使うのはバカだし、さらにそのライセンスでサポートに問い合
わせをするなんて、どういう神経しているの?(おそらく、インストールした人と問い合わせを
した人は別で、問い合わせをした人は正規利用だと思って問い合わせしたんでしょうけど)
と思ってしまう話。読んだのが昨日なら「エイプリルフールネタ」だと思うのでしょうけど、
これは本当の話。