_VUC69~7というファイルを見えなくする

Pocket

Linuxのファイルサーバーで、samba+netatalkを使ってファイル共有していると、「_VUC69~7」というファイルがWindows上で見られる。しかも、ほとんどのフォルダ内で。
原因:MacOS側で「:2eDS_Store」というリソースを作っているのだが、Windows側で表示できないかららしい
対策:/etc/samba/smb.conf の中に、「veto files = /:2eDS_Store/」の一行を入れて保存。sambaを再起動する。これで、Windows上からはファイルが見えなくなる。