Canon MP500の廃インクパッドを交換してみる-3

Pocket

1,MP500を上から見て見えるネジ2つを外します。

2,スキャナ部を持ち上げ、正面から見えるネジを2つ外します。
CIMG0933-1.jpg

3,正面から見て左側面のカバーを外します。手順としては、
 1)上の赤丸の部分を手前に引いて、突起部を本体から外します。外したら、左側面のカバーを左に引っ張れます。
 2)左側面カバーの中央部を押しながら、カバー上部を左に倒します。徐々に力を入れながら倒すと、ツメが外れてカバーがほぼ外れます。
 3)1、でネジのついていたあたりを左に引っ張ります。それで、左側面カバーが完全に外れます。外れない場合は、マイナスドライバーを1、のネジのついていたあたりに差し込むと外しやすくなります。

※注意 : 左側面のカバーを外すと、スキャナ部が外れます(スキャナ部は、この側面のカバーで挟まれています)。厳密に言えば、スキャナ部と本体の間にはストッパがついているのですが、ちょっと強い力をかけるとストッパは簡単に外れます。そのことを認識しながら作業をしないと、スキャナ部の落下やガラス面の破損、スキャナと本体をつなぐケーブル類の損傷などが発生することがあります。スキャナ部を完全に外すまでは注意して作業しましょう。

外したカバーを見てみると、
CIMG0937-1.jpg
こんな感じです。上の赤丸の部分がツメの部分。ここが外れてしまえば、簡単にカバーを外せます。画面中央の赤丸の右上にある丸の部分が、スキャナ部を固定しているところです。

4,3と同様の手順で、右側面のカバーを外します。右にはスキャナ部と本体をつなぐフラットケーブル類が3つありますので、それを注意しながら右側面カバーを外します。

5,本体とスキャナ部をつないでいるケーブル類を外します。左側面部には黒いアース用ケーブルが1本、右部にはフラットケーブルが2本、4色ケーブルが1つ、黒と青のアース用ケーブルが2本あるので、それをすべて外します。

6,スキャナ部を持ち上げたときに固定するアームが本体とつながっています。それを外します。

これで、スキャナ部と本体が分かれます。
CIMG0949.JPG