2011年12月アーカイブ

打ち合わせをしている時はPHSの呼び出し音量を0にしているので

まったく気がつかなかったのだが、事務所に戻ってPHSを見てみると、

謎の番号から着信があった。

19163997992

誰?

ちょっと考えて、何となくわかった。

19163997992

1-916-399-7992

1-(916)399-7992

カリフォルニアからの国際電話でした。

ということは、、、

あ、あの会社からだ。


その会社とは、、、、


A p p l e


おそらくそうだろうと思ってメールを確認したら、Apple社からメールが届いていた。

そのメールの中に書いてあった。「電話したけど繋がらなかったので、、、」


ちょっと問い合わせ事項があってメールを送っていたのだが、どうやら日本語でメールを

送ると文字化けしてダメらしい(その割にはApple社から届いた日本語メールは大丈夫

なんだけど、、、)。最初の問い合わせと同様、日本語文+英語文の併記でメールの返信

をしておいた。たぶん、用件は伝わったと思う。


ちょっと前に香港から電話があった時は、さすがに間違い電話だろうということで完全無視。

今回の場合も怪しいと思ったのだが、カリフォルニアからという電話番号のヒントで、電話を

かけてきた相手が予想できた。Apple社なら、私のPHS番号知っているから。

今後電話されることがあるかどうか分からないけど、ありそうなので住所録に登録しておこう。

Dropboxを使ってみる

| コメント(0) | トラックバック(0)

仕事の関係で事務所の外にいることが多く、色々な情報を外出先で参照

したいことが多くなりました。自宅のサーバーに外出先からアクセスすれば

参照はできるのですが、簡単な修正を入れたりするのはちょっとだけ手間

になります。


そこで、Dropboxを使うことにしました。

DropboxクライアントをWindows,MacOSX,iPhoneにインストールして、

事務所内にいるときはサーバーのファイルにアクセス。外出時はDropbox

のクライアント経由でDropboxの共有フォルダを参照するようにしました。


かなり快適ですね。

今は無料で使っているため、Dropboxの容量は2GBまでになっています。

当面は、これだけで十分。

参照したいファイルが増えてきたら、有料でDropboxの容量をあげようと

思います。そうすれば、サーバーダウン時にDropboxのバックアップが使える。

災害などで自宅のサーバーが使えなくなっても、インターネット接続できる環境

があればなんとかなる。災害対策にいいかもしれません。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7