XPERIA arc SO-01CのOSを4.0にしてみる

Pocket

XPERIA arc SO-01CのOSを4.0にしたい、という友人の要望で、SO-01Cの
OSを4.0にしてみました。
※XPERIA arcのOS4.0へのバージョンアップは推奨されていません。
実行する場合は自己責任で。最悪の場合はSO-01Cが起動しなくなります。
■事前準備
(1)データのバックアップは事前にすませておきます。すべて消えてしまう
と思っておいたほうがいいでしょう。
(2)「設定」->「アプリケーション」->「開発」を開き「USBデバッグ」を
有効にする。
(3)設定用アプリとデータをダウンロードしておく。
・flashtool-0.6.9.1-windows.exe
・LT18_4.1.A.0.562_NCB.ftf
このあたりはGoogle検索すれば見つかります。
■作業開始
(1)Flash Toolのインストール
インストーラーの指示に従ってインストール。C:\flashtoolフォルダに
インストールされます。
(2)C:\flashtoolフォルダを開きます。この中に「Firmwares」フォルダが
あるので、開きます。中に入っているX10***というファイルを削除し、
上記でダウンロードした「LT18_4.1.A.0.562_NCB.ftf」をここにコピー
します。
(3)C:\flashtoolフォルダの中にある「flashtool.exe」をダブルクリックし
実行します。
全部で3回書き込みを行います。
・1回目
a)「flashtool」を実行すると、ウインドウが1枚表示されます。その中の
 稲妻ボタンを押します。
b)小さいウインドウが表示されるので、「Flashmode」を選んで「OK」
 ボタンを押します。
c)ウインドウの左側「Select a Firmware」の項目は、「LT18i」しか
 表示されていません。一番右のチェックのうち、
 ・Wipe Cache
 ・Exclude system
 にチェックを入れ、他の3つはチェックを外します。チェック項目に
 チェックが入る・外れることで「Firmware Content」の内容が変わるので、
 上の2つにチェックを入れて表示されている「Firmware Content」を全部
 選択します(どれか1つを選んで、「Ctrl」キーと「A」キーを押す)。
 選択したら、右下の「OK」ボタンを押します。
d)新しいウインドウが表示され、画面の指示に従って作業します。
 ・XPERIA arc用のUSBケーブルをWindowsに繋げます(SO-01Cはまだ繋げない)
 ・XPERIA arcの電源を切ります(電源ボタン長押しで「電源OFF」メニューが
  出ます)
 ・電源が切れたら、本体の裏蓋を外し、電池パックを取り出します。5秒待って
  電池パックを入れます。裏蓋は外したままでいいでしょう。
 ・電源ボタンを押さず、表面左下の「戻る」ボタンを押しながらUSBケーブルと
  SO-01Cをつなぎます。
 ・flashtoolがSO-01Cの接続を確認すると、新しいウインドウが消えてデータの
  書き込みを始めます。書き込みが終わると、ウインドウの中に「Device
disconnect」という表示が出ますので、SO-01CからUSBケーブルを取り除きます。
 ※この時点で電源が切れる場合と、再起動を繰り返す場合があります。再起動を
  繰り返す場合は、ウインドウ上で「Device disconnect」と表示されたときに
  本体からUSBケーブルを外して、電池パックを抜いてください。
・2回目
a)1回目と同様にウインドウの稲妻ボタンを押します。
b)小さいウインドウが表示されるので、「Flashmode」を選んで「OK」
 ボタンを押します。
c)一番右のチェックのうち、
 ・Exclude Baseband
 ・Exclude Kernel
 にチェックを入れ、他の3つはチェックを外します。「Firmware Content」
 を全選択して「OK」ボタンを押します。
d)1回目d)と同様に作業します。
 ※このときに、ステータス画面に赤文字でエラーが表示されることがあり
 ますが、無視して進めます。
・3回目
a) 2回目 a)と同じ
b) 2回目 b)と同じ
c) 2回目 c)とほぼ同じで、右側の項目でチェックを入れる項目が
 ・Wipe User Data
 ・Exclude system
 ・Exclude Baseband
 ・Exclude Kernel
 の4つになります。同様に「Firmware Content」の項目を全選択して「OK」
 ボタンを押します。
d) 2回目 d)と同様。
この時点で、SO-01CはUSBケーブルから外した状態で、電源も入っていません。
裏蓋をして、電源ボタンを本体が振動するまで押します。
少し起動に時間がかかりますが、今までの画面とは違った起動画面が見られます。
OSをバージョンアップした後は、設定をし直します。言語設定、タイムゾーンの
設定、Wi-Fiの設定、アプリケーションなどのダウンロードをします。
10分ほど使ってみましたが、OSが2.3のときと比べても遅くなった感じはありま
せん。Wi-Fi接続後、OSのアップデータをダウンロード、インストールしたので、
4.0.4に上がっていますが、特に問題ないように思います。
書き込みに失敗しても誰も責任をとってくれません。あくまでも自己責任で。