2012年11月アーカイブ

iPhone5にNTT docomoのXi契約したSIMを使う(但し、ナノSIMの形状にカットする必要があります)ことができましたが、LTEでの接続はできませんでした。しかし、iOS 6.0.1に更新することで、docomoのXi(LTE)接続ができるようになったようです。

■確認事項
まず、以下の点を確認しましょう。
・Xi契約済のSIM iPhone5で使うためには、ナノSIMの形状にカットする必要があります
・SIMフリーのiPhone5 モデルA1429であること
・Xi対応エリアであること Xiエリアでないと、LTEは当然ですが使えません

■準備
すでにiPhone5をiOS6.0.1にしている場合は、再度iOS 6.0.1をダウンロードする必要があります。
 http://appldnld.apple.com/iOS6/041-8531.20121101.Fvjr6/iPhone5,2_6.0.1_10A525_Restore.ipsw
※Windowsでダウンロードするとき、使っているブラウザによっては「ZIP形式」のファイルとして保存してしまうようです。拡張子が「.ipsw」になっていないと下の(3)でファイルが選択できません。

■書き換え
(1)「データローミング」を「オン」にする
(2)iPhone5とMac/WinをUSBケーブルで接続。iTunesを起動する。バックアップが始まるので、終わるまで待つ。
(3)iTunesの左の一覧からiPhone5を選択、上のメニューの「概要」を選び、Windowsならキーボードの左の「Shift」を、Macなら「Option」キーを押しながら「更新を確認」ボタンを押す。ファイル選択メニューが表示されるので、(2)でダウンロードしたファイルを選択する。
(4)更新を確認するダイアログが出るので「更新」ボタンを押す
これで、再度iOS6.0.1への更新が行われる。再起動後、iPhone5の画面左上「NTT DOC...」の右に
「LTE」の文字が表示されれば、LTE接続が可能になります。

■Xi接続は不安定?
ICT総研のWebサイトに、このような記事があります。

2012年11月6日 全国200地点 スマートフォンLTE通信速度実測調査の概要を発表
http://www.ictr.co.jp/topics_20121106.html

意外にも、ソフトバンクが優勢、docomoが劣勢となっています。
特に首都圏でのdocomoのLTE接続が遅い、またはつながらないようです。
そのため、LTE <-> 3G の切り替えが頻発し、電池を消費する原因となりますので、首都圏ではLTEをオフにしておいたほうがバッテリの消費が少なくて済むと思われます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7