CentOS6.8 ネットワーク設定

Pocket


CentOSをインストールしたあとの、ネットワーク設定

■ネットワークアダプタの設定

1)有線ネットワークアダプタの設定を変更するため、
設定ファイルを開いて編集する。

>sudo vi /etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg-eth0

2)ネットワークアダプタの設定を変更する
■DHCPによるIPアドレスの自動割当をする場合、以下の項目があれば変更、
無ければ追加をする。

・ONBOOT:[Yes]に変更
・BOOTPROTO:[dhcp]に変更

記入例:
———————————————————
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=dhcp
———————————————————

■固定IPアドレスを使いたい場合は、以下の項目を変更または追加する。

・ONBOOT:[Yes]に変更
・BOOTPROTO:[static]に変更
・IPADDR:[割り当てたいIPアドレス]を追加
・NETMASK:[上記IPアドレスに対応したネットマスク]を追加
・GATEWAY:[ゲートウェイのIPアドレス]を追加

記入例:
———————————————————
ONBOOT=yes
BOOTPROTO=static
IPADDR=192.168.1.200
NETMASK=255.255.255.0
GATEWAY=192.168.1.254
———————————————————

3)「resolv.conf」を確認・編集

※DHCPを使う場合、この設定は不要。

自分のコンピュータが利用するDNSサーバのIPアドレスを記述する。
「resolv.conf」にDNSサーバのIPアドレスを書いておかないと、
自分のコンピュータはDNSサーバを利用することができない。
例えば
>ping www.yahoo.co.jp
とコンソールから入力しても、[www.yahoo.co.jp]からIPアドレスへの
変換が出来ないので
[unknown host www.yahoo.co.jp]
とメッセージが表示されてしまう。

>vi /etc/resolv.conf

[resolv.conf]の中を確認して、DNSサーバのIPアドレスを追加 or 修正する。
自分のコンピュータの中でDNSサーバを動かすのであれば
———————————————————
search localhost
nameserver 192.168.0.200
———————————————————
と追加・修正しておく。

4)ネットワークの再起動
上記で変更したネットワーク設定を有効にするために、ネットワークを再起動します。

>sudo /sbin/service network restart

これで、ネットワーク設定が適用されます。